サンプルデータのロード方法(Mac OS X)

2015-06-23 更新

Mac OS Xでは以下のような手順でPostgreSQLへデータをロードしてください。

1. Zipファイルをダウンロードする

Mac OS Xでは、Zipファイルをダウンロードすると自動的に解凍されます。 「ダウンロード」フォルダの中に「stdsql-日付」というフォルダができているので見付けてください。

2. parameters-unix.txtファイルを編集する

「stdsql-日付」フォルダの中に、parameters-unix.txt というファイルがあります。 このファイルをダブルクリックして開いてください。

このファイルはPostgreSQLの接続パラメーター(pgadminで入力したのと同じもの)を 記述するファイルで、次のような内容が書いてあります。

export PGHOST=localhost
export PGPORT=5432
export PGDATABASE=postgres
export PGUSER=postgres

それぞれの行は「export 設定項目=設定値」という文法で接続パラメーターを記述しています。 PGHOSTは「ホスト名」、PGPORTは「ポート番号」、 PGDATABASEは「PostgreSQLのデータベース名」、 PGUSERは「PostgreSQLのユーザー名(postgresなど)」を表します。

PostgreSQLをインストーラーでデフォルト設定のままインストールした場合は、変更する必要はありません。 何も変更せずにファイルを閉じてください。 何か変更している場合は、このファイルの該当する設定項目の「=」の右側だけを書き換えて保存してください。

3. load.commandファイルを実行する

「stdsql-日付」フォルダの中の、 load.commandファイルをcontrolボタンを押しながらクリックし、 メニューから「開く」を選んで実行してください(下図)。 ダブルクリックではダメです。

すると次のようなダイアログが出てくるので、「開く」を選んで実行してください。

うまく実行できると、次のように新しいウィンドウが現れ「Password:」と表示されます。 ここで、PostgreSQLのパスワードを入力してください。 このとき、パスワードを入力しても画面は変化しませんが、入力はされているので問題ありません。 落ち着いて1回だけパスワードを入力し、Returnを押します。

4. 完了

以上でロード処理が実行されます。 次のように「OK [Enter]」と表示されたら処理は正常に終了しているので、 ウィンドウを閉じて構いません。

pgadminを再起動すると、customersやaccess_logなどのテーブルが表示されるはずです。 あとは自由にSQLを試してみてください。